lql.be::wiki  Index  Search  Changes  RSS  Login

colinux に Ubuntu 10.04 をインストールする

colinux に Ubuntu 10.04 をインストールする

1. colinuxをインストールする

http://sourceforge.net/projects/colinux/files/

ここから「devel-coLinux-20100727.exe」をダウンロードしてインストールする。その際にOSのイメージは落さないように。

2. ディスクイメージとswapイメージの作成をする

コマンドプロンプトにて操作

> cd C:\Program Files\coLinux
> fsutil file createnew Ubuntu-10.04.ext4.5GB.fs 5368709120
> fsutil file createnew swap_256Mb 268435456

Ubuntu用に5GBのイメージとswap用に256MBのイメージを作成

3. ネットブート用のinitrdをダウンロードする

http://ja.archive.ubuntu.com/ubuntu/dists/lucid/main/installer-i386/current/images/netboot/ubuntu-installer/i386/

ここから「initrd.gz」をダウンロードする。名前を「initrd-ubuntu-install.gz」に変更して、colinuxのディレクトリに移動させる

4. インストール用のコンフィグファイルを作成する

kernel=vmlinux
cobd0="c:\Program Files\coLinux\Ubuntu-10.04.ext4.5GB.fs"
cobd1="c:\Program Files\coLinux\swap_256Mb"
cofs0="c:\Program Files\coLinux"
root=/dev/ram0 vga=normal ramdisk_size=14409 rw --
initrd="c:\Program Files\coLinux\initrd-ubuntu-install.gz"
mem=128
eth0=pcap-bridge,"ローカル エリア接続"
eth1=slirp,,tcp:2222:22

上記の内容を「ubuntu-install.conf」として保存する

5. ubnutu10.04 をインストールする

コマンドプロンプトにて操作

> cd C:\Program Files\coLinux
> colinux-daemon.exe @ubuntu-install.conf

進めて行くと

「Detect keyboard layout?」と尋ねられたらAlt+F2を押してコンソールする

# mkdir -p /mnt/modules
# mount -t cofs cofs0 /mnt/modules
# tar -zxvf /mnt/modules/vmlinux-modules.tar.gz
# mkdir /target

上記のコマンドを実行したらAlt+F1を押してセットアップ画面に戻る

「Partition disks」のところで再びAlt+F2を押してコンソールする

# mkfs.ext4 /dev/cobd0
# mount /dev/cobd0 /target
# mkswap /dev/cobd1
# sync;sync;sync;
# swapon /dev/cobd1
# mkdir -p /target/dev
# mknod /target/dev/cobd0 b 117 0
# mknod /target/dev/cobd1 b 117 1
# mknod /target/dev/cobd2 b 117 2
# cd /target
# debootstrap --arch i386 lucid /target http://ja.archive.ubuntu.com/ubuntu
# chroot /target /bin/bash
# vi /etc/fstab

/dev/cobd0 / ext4 defaults 1 1
/dev/cobd1 swap swap defaults 0 0
proc /proc proc defaults 0 0
# passwd
# exit
# shutdown -h now

ここまでやったら、一度colinuxを落とします

6. コンフィグファイルの作成

通常運用時のコンフィグファイルの作成をする

kernel=vmlinux
cobd0="c:\Program Files\coLinux\Ubuntu-10.04.ext4.5GB.fs"
cobd1="c:\Program Files\coLinux\swap_256Mb"
root=/dev/cobd0
initrd=initrd.gz
mem=128
eth0=pcap-bridge,"ローカル エリア接続"
eth1=slirp,,tcp:2222:22

上記の内容を「ubuntu.conf」として保存する

7. 通常運用

コマンドプロンプトにて操作

> cd C:\Program Files\coLinux
> colinux-daemon.exe @ubuntu.conf
Last modified:2010/12/08 17:18:27
Keyword(s):
References: